Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

高二化学必修二知识点总结

关于化学有哪些专业知识点

  •  

高二化学必修二知识点总结

1.樹脂・繊維等に特異的性能を付与
 (1)樹脂に帯電防止性、導電性を付与
 (2)多糖類、絹にグラフト変性して、耐炎性を付与
 (3)樹脂フィルム、レンズに塗布後重合被膜を形成して防曇性付与
 (4)共重合体では経時黄変性を抑制
 (5)合成繊維を表面処理して、耐汚染性、耐変色性、染色性改良
 (6)樹脂フィルムを表面処理して、接着性、防曇性改良
 
2.ホスマーTMの共重合体を分散剤として
 (1)ホスマーTM類で変性した重合体は磁性酸化鉄の分散性改良
    →磁性コーティング用バインダー用途
 (2)溶液共重合体で酸化チタンなどの無機顔料を処理し、分散安定化
 (3)共重合体で炭酸カルシウムなどの無機顔料を処理し、樹脂中への分散性改良
 (4)共重合体とSBRラテックスを併用して、クレーを分散安定化→紙へのコーティング
 
3.共重合体を接着剤として
 (1)ガラス積層用光硬化接着剤
 (2)セメント、石膏、モルタル、コンクリートの接着剤
 (3)樹脂組成物にして、異種機材に対する接着性、耐水性、耐沸水性の改良
 (4)既存樹脂との組成物にして、油性表面への接着剤
 (5)嫌気性接着剤組成物に加えて、接着性増大
 (6)イソシアネート、エポキシと併用して、室温効果型強力接着剤
 (7)光硬化型感圧接着剤、低温硬化型感圧接着剤
 
4.塗料、コーティング剤として
 (1)耐食性、耐候性、耐汚染性を有する紛体塗料
 (2)金属を蒸着する場合のプライマーとして塗布、光硬化した場合に蒸着の密着性改良
 (3)アルミニウムにコーティングし、接着性改良
 (4)錫、ニッケル、クロムメッキされた表面にコーティング
 (5)防汚性塗料
 (6)含窒素モノマーとの共重合体から、耐候性に優れた保護コーティング
 (7)アルミニウム紛体表面を処理→メタリック塗料、電磁波シールド塗料
 
5.耐食、防錆性付与
 (1)金属に対する防腐、防錆性付与
 (2)アルミニウムにコーティングして防錆性付与→メタリック塗料へ
 (3)錫、ニッケル、クロムメッキされた表面にコーティングして防錆性付与
 
6.その他特異な用途
 (1)高分子酸性リン酸基が各種触媒作用を発揮
 (2)共重合体がアルコール類を分離するガスクロカラム充填剤
 (3)電子写真材料の帯電防止性、トナーの荷電制御性、耐湿性の改良
 (4)電気絶縁性を要求される電子回路用フォトレジスト
 (5)歯科材料用の自己硬化性樹脂の一成分として
 (6)特定組成の共重合体が堆積スケール除去剤